腕を太くする方法 上腕三頭筋を鍛える

腕を太くする方法

腕を太くする(上腕を太くする)なら、上腕二頭筋だけでなく、
上腕三頭筋も鍛えて大きくしなければいけません。

腕が太い人というのは、力こぶ(上腕二頭筋)が大きいというイメージがありますが、
実際は、上腕三頭筋を大きくすることが、腕を太くみせるためには不可欠です。

上腕の筋肉の70%が三頭筋ですので、
とにかく腕を太くするなら、三頭筋をメインで鍛えるといいかもしれませんよ。

私の経験ですが、上腕二頭筋よりも、上腕三頭筋の方が効かせやすいですから、
効率よく筋肥大して、腕を太くすることができると思います。

プッシュダウンで上腕三頭筋を鍛え、腕を太くする


上腕三頭筋の筋トレは、伸展を特に意識して行います。
伸展ができていなければ、効果は半減しますので、注意してください。

プッシュダウンのスタートは腕を伸ばした状態からです。
この時は上腕三頭筋を充分収縮させた状態を保ってください。

そこからバーを上げていき、アゴの下くらいまで動かします。
この時、ワキを開きます。肘も横に開きます。(動画よりも開く)
充分上までバーを上げて、完全に伸展させてください。
このとき、肩も少し上がりますが、首をすくめないでください。

そこから、またバーを押し下げていきますが、
三頭筋を収縮させた結果、バーが降りるということを意識してください。
ただ押し下げるのではありません。
もし肩や、胸に力が入ってしまうなら、負荷が大きすぎますので、軽くしてください。

この動きをテンポよく行います。
三頭筋にポンプで空気を送り込むように、負荷をかけていくイメージです。

トレーニング本やyou tubeの動画で紹介されているようなトレーニング法とは違います。
通常は、ワキを閉め、肘を固定するとされていますが、それでは三頭筋に効きません。
実際やってみると思いますが、ワキと肘を開く方が、肩に余計な力が入らず、
三頭筋だけを意識して鍛えられると思います。

ライイング ダンベルフレンチプレスで上腕三頭筋を鍛え、腕を太くする

動画はこちら

だいたいのやり方はこの動画の通りでいいのですが、
もっと伸展させないと、効果が薄くなります。

上腕三頭筋はとにかく伸展が大事です。
拳が耳よりも下に来るくらい下げてください。
上の動画ではまだまだ伸展が足りません。もっと下げてストレッチさせましょう。

そしてさらに伸展させるために、肩を天井方向へ上げます。上へ突き出すのです。

反動は使わずに、テンポよく行いましょう。三頭筋だけを使うことができれば、
かなり軽量でも腕がパンパンになります。
ダンベルの上げ下げが目的ではありません。
三頭筋の伸展・収縮が目的であるということを絶対に忘れないでください。

腕を太くするには、正しく負荷を筋肉にかけることです。
三頭筋は他の部位よりも効かせやすいですから、最初に極めてください。
筋トレ後のパンプアップ、バーンアウトを体感してみてください。

腕を太くする方法 上腕三頭筋を鍛える でした


PAGE TOP